Doorkeeper

リーンな現場の実際 ~企画サイドと開発サイドからみる失敗と成功~

2013-12-06(金)13:30 - 18:00 JST

株式会社永和システムマネジメント 東京支社

東京都台東区上野2丁目7番7号 上野HSビル8F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

詳細

リーンな現場の実際
~企画サイドと開発サイドからみる失敗と成功~

■イベント概要
本セミナーは、企業の中で、商品企画、商品開発、もしくはビジネス活動全体を監督している人向けのセミナーになります。
リーンとは、トヨタ生産方式を欧米が研究する中で発展、普及した経営手法です。現在では生産のみならず、開発、商品企画、事業開発にまで応用され様々な欧米のカンファレンスで成功事例が報告されています。
本セミナーでは、これらをビジネス(ITサービス、ソフトウェアプロダクト)の作り方にどのように応用すればよいか、具体的な事例や方法論を交えてご紹介します。

<セミナーキーワード>
・リーン開発とは何か
・商品企画を無駄なく行う方法への応用(Market ~Cash)
・商品開発を素早く行う方法への応用(concept~Product)
・企画と開発の繋がりを改善


対象

商品企画、商品開発、もしくはビジネス活動全体を監督している方々


アジェンダ

13:00 会場受付
8Fまで起こしください。
13:30~ 開始挨拶

13:40~ 14:40 セッション1
[リーン開発の本質 ~リーンに関する基礎知識~]
講師:天野 勝

[概要]
書籍『リーン開発の本質』(日経BP)をベースとして、リーン開発に関する基礎知識をご紹介します。
書籍の内容は、ソフトウェア開発にリーンの考え方を適用するものですが、リーンの中心である原則の考え方は、販売や製品開発などの業務改善のヒントになるはずです。

[講演内容]
・リーン開発の基礎知識
・リーンの生い立ち
・リーン開発の7つの原則

14:40~ 14:50 休憩

14:50~ 15:50 セッション2
[リーン開発の現場~越境する開発~]
講師:市谷 聡啓

[概要]
リーンの考え方を開発現場でどのように実践に繋げるのか。書籍「リーン開発の現場」を題材にご紹介します。軸となるのは、役割を越えて共通のゴールに向う開発の実現です。
[講演内容]
・プロジェクトのゴールを追う
・チーム編成とコミュニケーション
など

15:50~ 16:00 休憩

16:00~  17:00 セッション3
[リーン開発導入事例:提案営業マネジメントシステムSalesBufferManager]
講師:西原 隆
 ゴール・システム・コンサルティング(株) 取締役 チーフコンサルタント西原 隆
 SalesBufferManagerチーフエンジニア
 プロフィール
  http://www.goal-consulting.com/company/consultants.html#nishihara
[概要]
弊社ゴール・システム・コンサルティングでは、SalesBufferManagerを10月1日にリリースしました。この開発にあたりリーン開発を活用しています。リーンという言葉は、様々な方が、様々な方法論として使っています。今回我々がリーンをどのように考えていたか、そしてそれぞれの方法をどのように融合して活用していったか我々流のリーンをご紹介します。
これをきっかけに皆様と一緒にリーンとは何かについて考えられれば幸いです。

[講演内容]
・ゴール・システム・コンサルティングのご紹介とリーン開発について
・SalesBufferManagerのご紹介と事例紹介
 TOC/継続的改善5Stepによる戦略立案と開発の目的
 リーン/セットベース設計による商品企画
 TOC/マフィアオファーシートによる売り方の開発
 リーンキャンバスを参考にしたビジネスモデル設計
 リーン/スクラムによるソフトウェア開発
・リーンって一体何だろう。リーンであり続けるための課題と考えていること

17:00~ 17:30
ふりかえりセッション
講演内容をふりかえり、講師と共にディスカッションを行います。

17:30~ 閉会の挨拶


個人情報の取り扱い

以下のWebページからご確認下さい。
http://www.esm.co.jp/application_privacy_outside.html


お問合せ先

株式会社 永和システムマネジメント
サービスプロバイディング事業部 羽根田
TEL  03-5818-7400


共催

ゴールシステムコンサルティング 株式会社


ご案内
株式会社永和システムマネジメントでは、今後、集合研修型のワークショップだけではなく、お客様ごとのプロジェクト、サービスやシステム企画に応じたサービスを提供する予定です。ご提供の準備が整いましたら、弊社Webページ、永和システムマネジメントのFacebookページにてアナウンス致します。
ユーザーストーリーマッピングやその他アジャイル開発、コンサルティング、教育に関して等、お問い合わせは以下までお願い致します。
agile@qwik.tky.esm.co.jp

コミュニティについて

株式会社永和システムマネジメント

株式会社永和システムマネジメント

永和システムマネジメントが主催するイベントのためのコミュニティです。

メンバーになる