Doorkeeper

リーンカンファレンス2014 ~ヒット商品を作るための仮説検証プロセス - 日本でリーンを進化させる - ~

2014-01-28(火)11:00 - 19:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
応募が多数となった場合は抽選とさせて頂きます(1/15に抽選結果をご連絡します)

詳細

リーンカンファレンス2014
~ヒット商品を作るための仮説検証プロセス - 日本でリーンを進化させる - ~

1950年代、米国のデミングが日本に統計的品質管理を伝えました。その後統計的品質管理は日本でTQCに進化し、アメリカにTOMとして逆輸入されました。
その一方、トヨタでは大野耐一氏のもとでパラダイムチェンジをめざすトヨタ生産方式が独自の発展を遂げました。80年代にトヨタ生産方式はTQCと融合してトヨタの圧倒的な競争力の源泉となり、欧米で研究されリーン生産として広まりました。
そして現在、TLS(TOC・Lean・6sigma)・リーンシンキング・リーン製品開発・リーンソフトウェア開発・リーンスタートアップといった様々な形に進化、日本に戻ってきました。今度は日本で昇華させ欧米に渡す番です。

<セミナーキーワード>
・ハードウェア開発を中心に活用されるリーン製品開発
・ソフトウェア開発を中心に活用されるアジャイル開発
・ザ・ゴールで著名になり開発等に応用されるTOC(制約条件の理論)
・新事業開発で普及発展しているリーンスタートアップ


対象

開発・商品企画関係の管理者


アジェンダ

10:30 会場受付
2F多目的ホールまで起こしください。
11:00~12:00  【トヨタのカタとリーン製品開発】
講演者 稲垣公夫:ゴール・システム・コンサルティング 顧問、元NECアメリカ副社長 
トヨタウェイ・トヨタ製品開発システムの翻訳者であり、TOC革命など著書多数。現在リーン製品開発のコンサルティングを行っている。

13:00~13:45 ソフトウェア開発を加速させるリーン開発の原則
~アジャイル開発は、リーンでもっと速くなる~

講演者 天野勝氏:永和システムマネジメント アジャイル導入コンサルタント
ポッペンディーク著リーン開発の本質の訳者であり、現場への導入支援を行っている。

リーン開発の原則は、ソフトウェア開発の現場で継続的な改善のきっかけを見つける視点を提供してくれます。
近年、「アジャイル開発」と呼ばれる開発の考え方を現場に取り込む動きが盛んになっていますが、既存の手法を取り入れるの留まってしまい、それらの手法を各現場に馴染ませるような改善に至っていない例も多く見受けられます。
各現場に的なソフトウェア開発の進め方へと改善するきっかけとして、リーン開発の原則と実践をご紹介します。

・リーンソフトウェア開発とは
・アジャイル開発とリーンソフトウェア開発の関係
・リーンソフトウェア開発の原則と実践

13:45~14:45 【セールスバッファマネージャー開発事例】
講演者:ゴール・システム・コンサルティング西原隆
永和システムマネジメント 羽根田洋 市谷聡啓・瀬戸年樹・
コーディネーター:ワイクル 角征典

リーン開発による商品開発事例紹介、セットベース開発での商品企画・ビジネスモデルキャンバス・マフィアオファーシートでの顧客開発・スクラムによるソフトウェア開発の事例をランニングリーンの翻訳者 角氏による司会にて、チーフエンジニア(プロダクトオーナー)・スクラムマスター・開発者の対談。

14:55~15:40 【派生開発をリーンにするXDDP】
講演者 清水吉男:(株)システムクリエイツ 代表取締役。著書「派生開発」を成功させるプロセス改善の技術と極意」など派生開発に特化した開発アプローチXDDPのコンサルタントであり派生開発手法XDDP協議会会長
コーディネーター:日立製作所 八木 将計

派生開発における開発方法について開発手法XDDPの開発者である清水氏と実践者である日立製作所八木氏と対談、派生開発をリーンにする方法を探る。
派生開発の典型的問題点・XDDPとは・XDDPとリーンの共通点「意思決定を遅らせる」「早く提供する」「学習」・XDDPの実際

15:40~16:20 【メイカーズ革命~オートデスクにおける3Dプリンタへの取り組みとアジャイルなビジネス環境~】
講演者 塩澤豊:オートデスクにて3Dプリンター関係のエバンジュリスト。3Dプリンターを活用してスタートアップ企業への支援などを行っている。

オートデスクは3Dプリンター関係のソフトウェア123Dcatchなど開発販売しており、開発はアジャイル開発を採用している。今回はオートデスクが取り組むBtoBからBtoCへの転換の中で、リーン/アジャイルにならざるを得ないスピード化とビジネス環境の変化への取り組みを講演頂く。

16:30~18:00 【大野耐一の創り方】
講演者 金田 秀治氏:(株)ゴールドライツ代表取締役、(株)スコラ・コンサルト相談役。トヨタグループの関東自動車工業に入社。1960年代よりトヨタ生産方式の生みの親、大野耐一氏の指導を受けプレス工程の段取替時間短縮「シングル段取り」改善活動を実施する。主に生産管理畑を歩み、部門戦略展開としてのイノベーション活動に幅広く取り組む。90年代トヨタグループ全体にて実施された大野耐一2世を作り出すプロジェクトで「金田塾」を関東自工で展開。現在 Pセンゲ「最強組織の法則」の翻訳やシステム思考の実践コンサルティングで著名なスコラ・コンサルトにてコンサルティングを実施している。
著書多数。近著【超トヨタ式】「絶対不可能」を可能にする経営―逆転のチェンジingメソッド―(共著)
コーディネーター:スコラコンサルト 源明典子

18:00~19:00 質疑応答&講演者パネルディスカッション
   ※懇親会をパネルディスカッションに変更しました。

※セミナーの間では適宜休憩を取ります


個人情報の取り扱い

以下のWebページからご確認下さい。
http://www.esm.co.jp/application_privacy_outside.html


お問合せ先

株式会社 永和システムマネジメント
サービスプロバイディング事業部 羽根田
TEL  03-5818-7400


共催

株式会社 アフレル
ゴールシステムコンサルティング 株式会社


ご案内
株式会社永和システムマネジメントでは、ユーザーストーリーマッピングのワークショップを定期的に提供しています。今後、集合研修型のワークショップだけではなく、お客様ごとのプロジェクト、サービスやシステム企画に応じたサービスを提供する予定です。ご提供の準備が整いましたら、弊社Webページ、永和システムマネジメントのFacebookページにてアナウンス致します。
ユーザーストーリーマッピングやその他アジャイル開発、コンサルティング、教育に関して等、お問い合わせは以下までお願い致します。
agile@qwik.tky.esm.co.jp

コミュニティについて

株式会社永和システムマネジメント

株式会社永和システムマネジメント

永和システムマネジメントが主催するイベントのためのコミュニティです。

メンバーになる